2016年10月27日

『こんにちは明石ゆきお』をアップします。岩崎議員が決算の討論で、高速道路偏重の支出構造から、生活道路に係わる事業費に比重を移すことなどを求めました。

2016年第3回横浜市議会は18日、2015年度決算の議決を行い、閉会しました。日本共産党は、議決に先立って岩崎ひろし議員が一般会計、国民健康保険事業会計等15件の決算認定に反対し、討論を行いました。
岩崎議員は、高速横浜環状道路(横環)整備費の決算額が前年度の171億円から309億円に膨れ上がった一方で、生活関連道路関係事業の遅れが際立ったと指摘。道路の緑地帯が草ぼうぼうになっている、スクールゾーンの歩道改善をやってもらえないなどの市民からの苦情を紹介し、横環偏重の支出構造から、生活道路に係わる事業費に比重を移すことなどを求めました。
 下図をクリックすると大きく見られます。

明石ゆきお161026.jpg