2014年06月17日

急傾斜地の多い金沢区 宣伝物の配布も大変ですが、マンション・住宅建設もこれでいいのかと考えます

昨日は東朝比奈地域で訪問活動を行い、その帰りに谷戸に盛土をしてマンション建設をする計画のある地域を通りました。以前マンション建設に反対している住民の関係者での学習会に参加していたので、一度現場を見なければと思っていました。
建設予定地はすごい崖になっていて、通り道から詳細を見ることはできませんが、こんなところにマンションを作るの?という地形であることはわかります。
近所には反対ののぼりがたくさん立っていますが、町内会は中立ということでした。

2014-06-16 16.14.08.jpg

現場を見ると住民が不安を持つのは当然と思いました。
横浜市は、安全かどうかではなく、基準を満たすかどうかだけで建設許可を決めるといいます。
開発業者は安い土地を目当てにしているのではないでしょうか。また、市は擁壁をつくるよりマンションを作らせたほうが費用がかからないので進めさせているという話も聞こえてきます。
事実であればとんでもないことです。

私の地元富岡も急傾斜地が多いところ。あせだくになって階段を上り詰めたところにある住宅に残っていた市議団のアンケートを配りました。

2014-06-17 10.38.30.jpg

posted by 明石ゆきお at 12:20 | Comment(0) | 活動日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: