2015年06月01日

『こんにちは明石ゆきお』をアップします。横浜市は新市庁舎整備事業の建設・設計費を今年秋時点で約749億円になると発表しました。基本計画の約616億円に比べ133億円の増額です。

『こんにちは明石ゆきお』をアップします。図をクリックするとPDF表示します。

横浜市は、新市庁舎整備事業の建設・設計費を今年秋時点で約749億円になると発表しました。2013年秋の基本計画の約616億円に比べ、133億円(21.6%)の増額です。
かわじ民夫議員は21日の本会議で、「日本共産党は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに間に合わせる計画は事業費の膨張をもたらすだけだと指摘してきましたが、その通りとなってしまった」と述べ、事業費が膨らみ市民負担が増えることについて、市長の責任を問いました。

明石0527.jpg
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: