2015年03月04日

『こんにちは明石ゆきお』をアップします。中学校給食に今こそ市長の決断をと、あらき由美子議員が予算関連質問をしました

『こんにちは明石ゆきお』をアップします。図をクリックするとPDF表示されます。

 文部科学省の調査結果によれば、2013年度、公立中学校で主食とおかず、牛乳のそろった完全給食の実施率は全国で86.0%なのに対し、神奈川県は25%と全国最低で、学校数の多い横浜と川崎で実施していないことが大きな要因となっています。横浜市では、「家庭弁当が定着している」として中学校給食を実施する予定がなく、注文式の横浜型配達弁当の準備を進めています。
 あらき議員は、「市長は義務教育である中学生に家庭弁当が一番相応しいと思っているのか」と質問するとともに、給食を実施すれば給食費が就学援助の対象となるため、子どもの貧困対策ともなると指摘しました。

スクリーンショット 2015-03-04 10.41.03.jpg

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: