2015年02月08日

今日は事務所開きに雨の中たくさんの方にお越しいただきました。このみなさんの熱気にも依拠して金沢区中に私の訴えを届けていきたい

今日は冷たい雨にも関わらず、事務所をあふれたかたが、道の反対側まで取り囲まれた中、事務所開きを行いました。オープニングに私のトロンボーン演奏をさせてもらいました。



10647079_10205806980794704_6017368273148782895_n.jpg

10956044_10205806980834705_6865856479243256835_n.jpg

金沢区後援会長のいつもにもまして力強い挨拶につづき、ともに活動して来た民商の会長、事務所の開設に骨を折っていただいた民商の仲間が挨拶をしてくれました。
民商の仲間は、「私は政治にはくらいですが、この事務所がみんなの団結の力でこのように立派になったことはよかった」という言葉をくださったのには感動しました。

私も挨拶をさせていただきました。

10312623_10205806980554698_1371864977013224594_n.jpg

もっとも身近な市会の議員は、なによりも住民の皆さんの要求を聞き、それを議会に届けることが仕事です。
皆さんが気軽に立ち寄れる事務所ができたことは、そうした要求をお聞きする上で大きな意味があると思っています。どうかこの事務所を住民の皆さんの、共産党への窓口としてご利用いただきたいと思います。
金沢区には5人の市会議員がいて、どなたも住民の声を聞いているのだと思います。力を合わせてやれるところは多いにやっていきたいと思ってます。それと同時に、だれもが住民の声をききながら、なかなか住民の声が市政に反映していないとすれば、問題です。
私は今回の選挙で、まっすぐ住民の声を議会に届ける事ができるのは日本共産党の議員だ、と訴えていきたいと思っています。
・・・
不要不急な予算にきりこみ、住民生活優先の政治を主張できるのは今横浜市議会では日本共産党をおいてはありません。
・・・
住民の要求をお聞きし、それを議会でどのように市政に反映していくのかが問われていると思います。
金沢区から日本共産党の議員がでれば24年ぶりということになります。
松本志津子さんが28年前に突然もちあがった斎場建設の問題でおこった住民運動とも連携し、支持を広げたと聞いています。
どんな問題でも頼りになるのは共産党の議員、共産党の議員が誕生してよかったと言っていただけるような活動をしていきたいと思います。
住民の声が通る市政をつくるため、金沢区からなんとしても日本共産党の市会議員を誕生させましょう!

10868109_10205806980594699_1143066757383277814_n.jpg
posted by 明石ゆきお at 20:53 | Comment(0) | 活動日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: