2014年12月26日

住民の声が通る政治の実現、憲法がくらしに生きる政治の実現のため横浜市会に気持ち新たに挑戦していきます

 今年は私にとって、生涯政治家への道を歩むことを決断した年でした。
 そのさなかに衆議院の解散。どこでも消費税増税中止、安倍政権の暴走を止めるもっとも確かな党、日本共産党という選択肢を提示する全区立候補の方針のもと、神奈川1区で候補者として全力で頑張りました。
 そして共産党は8議席から21議席への躍進、私も前回の倍以上の票をいただきました。やればやるほど声援が広がるような、やりがいのある選挙でした。安倍政権は憲法「改正」にも取り組む姿勢をあらわにしていますが、躍進した日本共産党は、国民レベルでは多数である平和を求める国民との共同の力に依拠して、暴走を許さない闘いを行っていきます。

1475884_668143949965095_2809738296606368625_n.jpg

 そして来年は4年に1度の一斉地方選挙の年です。
 横浜では横浜市会議員選挙が行われます。安倍政権に追従して大型公共事業に偏った市政を、住民の願いが届く市政に転換させていくための重要な選挙となります。また一斉地方選挙として行われるこの全国的選挙は安部政権の暴走政治への審判の場ともなります。
 私、明石ゆきおは、衆院選で訴えてきた公約の実現のためにも、最も身近な市政から住民の声が通る政治の実現、憲法がくらしに生きる政治の実現のために頑張っていかなければ、と考えています。横浜市会に地元金沢区から気持ち新たに挑戦します。ご支援をよろしくお願いします。
posted by 明石ゆきお at 20:46 | Comment(0) | 活動日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: