2014年09月21日

金沢八景駅前整備事業について現地開発事務所に申し入れ(詳報)

先日申し入れの状況について簡単に報告しましたが、関心が高いテーマなので詳しい内容を紹介します。

 金沢八景駅周辺では、東口で区画整理事業により、1街区ではパチンコ店ビルがオープンしており、2街区では不動産業者のチラシも入り始めていますが、10階建て30mの大型マンション建設が始まるなど、駅前の様相が一変してきています。また、西側では公園計画が検討されています。
「歴史と文化を守り」「市民参加の街づくり」を目指し、日本共産党金沢区委員会は9月10日、昨年の要求に加え、周辺環境問題を入れて、「金沢八景駅周辺街づくり」についての再要請書を金沢八景駅東口開発事務所で横浜市に提出しました。
 最初に所長より開発事業の進行状況を聞き、参加者が個別内容を要請しました。
 横浜市は「八景駅東口開発は区画整理事業なので、地権者がまちづくりガイドラインに沿って行うこと」という姿勢で「市民参加の街づくり」という受け止めはありませんでした。また、「都市整備局で所管していない事業(公園と新交通関連)については、担当部局から後日文書回答します。」とのことでしたが、いくつか様子が分かりました。

八景駅前計画.jpg

@八景西公園(仮称)については、基本設計を進めている。
A新交通の延伸関連事業では、資材の高騰などが理由で、この間、2回の入札で応募者がなかった。
B「歴史と景観を守る」点では、商店の一部で壁に縦格子を組み込んでいるケースがある。
C京急の新駅舎では、エレベーター、エス カレーター、トイレは設置される。 京急は駅ビルを3街区に建設する。
D2街区の800uの市有地活用については、「他からも要望が出ているので、検討している」とのことですが、市が現在、区民の活用できる施設をつくる考えを持っていないことから、要求運動が重要です。
Eパチンコ店の地下に出来た駐輪場の改善(傾斜がきつすぎる)については、「ベルトコンベヤーの導入も考えられるが、民間施設なので要請するしかない」と回答があり、市で設置できるよう努力して欲しいと要望しました。
F近隣住民から要望として出されていた瀬戸神社前と八景ビルの間・国道16号(現在歩道橋があるところ)に 横断歩道が設置されることが提示されました。

 八景駅西側に円通寺客殿を残した公園を整備する一方で、駅東側では30mもの大型マンションや17mもの新交通駅舎が整備されるなど、問題の多い開発ですが、日本共産党は地域の方々と力を合わせ、少しでも「歴史と景観を守る」「市民参加の街づくり」という方向が取り入れられるよう引き続き要請行動を行っていきます。

posted by 明石ゆきお at 20:03 | Comment(0) | 活動日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: