2014年07月07日

横浜南部民商の総会でした。民商を”卒業”し、なんとしても議員になって相談役になれるようにがんばる、と挨拶させていただきました

7年間お世話になり、いろいろ学ばせていただいた、民商を”卒業”しました。
横浜南部民商の総会で副会長退任の挨拶をさせていただきました。

photo9s.jpg

自営業として商売に滑り出せたのは民商のおかげでした。
役員になり、班会をやって、昔からの自営業者の苦労、自営業者の砦となってきた民商の役割について学んできました。
また、税務署、銀行、区役所などとの交渉では、民商の道理をつくした指摘に、税務方針に反する職員のあり方を正すこともあり、民商の活動に誇りを持つと同時に、この地に大きな民商を作っていくことの大切さを痛感してきました。

地域で平和や原発ゼロの運動をいろいろな団体と共闘してやってきて、自営業者にとって地域がまるごと豊かになることが自らの要求であるとともに、地域を変えるために、政治家を出していくことが必要だと考えるようになりました。

今、自営業者のためにも、高齢者のためにも、お母さんのためにも、子どものためにもどうしても市議会議員を出さなければと思い、自ら候補者になることを決意しました。
民商を卒業するのは残念なことですが、同じ地域で頑張っていきますのでよろしくお願いします。

posted by 明石ゆきお at 16:50 | Comment(0) | 活動日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: