2014年06月18日

集団的自衛権行使容認を強引にすすめる安部政権 そこには急速に盛り上がる反対世論による焦りがあるのでは 今週末ロングラン宣伝をやります

安倍政権は今国会中にも集団的自衛権の行使容認の閣議決定をしようとしています。
しかし、与党協議もなかなか安倍首相の思い通りには進んでいないようです。そこには、日本共産党も含む国民の運動により、集団的自衛権行使が、政府の言うような国民を守るためのものではなく、他国が起こした戦争で自衛隊が戦闘地域にいくことにより、若者の命が危険にさらされるという本質が明らかになり、反対の世論が急速に盛り上がってきたからではないでしょうか。
安倍政権が決定を急ぐのは、これ以上反対世論が大きくならないうちに決定してしまおうという焦りがあるのではないでしょうか。
であれば、今重要なのは思い切った宣伝。そこで今週末、演説会の宣伝もかねて、ロングラン宣伝を決行することにしました。
6月21日(土)金沢文庫駅西口で13:30〜17:30、金沢区後援会で行います。17:30〜18:30には「金沢区カクサン部」による延長戦も行う予定です。ご都合の合う方は合う時間だけでかまいませんので、ご協力お願いします。

BqU3P4bCEAAHxDi (599x337).jpg
posted by 明石ゆきお at 23:20 | Comment(0) | 活動日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: