2014年09月29日

野島公園で後援会のバーベキューを行いました。仲間が作ってくれた応援歌をみんなで歌ってくれました

9月28日金沢区後援会のバーベキューが行われました。さわやかな晴天に恵まれた野島公園でたくさんの人が参加してくれました。次から次へと原水禁大会、原発ゼロの活動などを紹介する発言や出し物が披露され、多いに盛り上がりました。うれしかったのは高校生、大学生など若い人が多く参加してくれたことです。初めてお会いする方も多く、つながりを深めることができました。
このバーベキューに向けて、仲間の一人が市議選勝利にむけての応援歌を作ってくれました。
ちょっと照れますが、「おねがい 明石さん!」という曲です。
一番だけ歌詞を紹介します。

困っていることはありませんか とドアをたたく
やさしいことばがみんなの心をひらく
介護 医療 年金
老後のくらしはしんぱいばかり
だから だから 明石さん
ぜったい 議員に なってほしいの


これからみんなで覚えてうたっていきましょう、と歌ってくれました。
市議選になんとしても勝利しようということで皆さんの気持ちも一つになって、本当によかった。

2014-09-28 13.12.52.jpg

私も2曲好評のトロンボーンの演奏をさせていただきました。


posted by 明石ゆきお at 23:29 | Comment(0) | 活動日記

2014年09月28日

市政学習会・決起集会を行い、私もなんとしても来春市議に当選し、安倍政権の暴走にストップをかけ、住民の切実な要求を実現するために頑張りたい、とあいさつしました

今日は区内で党・後援会のみなさんに集まっていただき、市政学習会・決起集会を行いました。
はじめに市議団事務局長から市政の現状と日本共産党の政策について説明していただきました。

自民党の政権復帰と安倍政権の誕生によって、林市長の政治姿勢が明らかに自民党と一体化し、いまや横浜市政は、アベノミクスのショーウィンドウと化しているという実態が報告されました。2020年の東京オリンピックを目標にした大型開発の計画はすさまじいものです。
30年前の高速道路計画にしがみつき、コンテナ量低迷の中、巨大港湾ふ頭の建設、新市庁舎についても、2年前倒しで超高層ビル化する計画ですが、いまでも建設業界はアベノミクスで資材高、人手不足で、東北被災地の復興が遅れているのに、建設職人を東北からはがすことは許されない、と告発されました。
詳細な市政政策は近日中に発表されますが、そのポイントが解説されました。

会場からも、「共産党が現在の生活をまもり、よりよくする主張をもっとアピールして」とか「市民は税金の使い方に関心がある。是非頑張って」などの意見が出されました。
後半の決起集会では、私もあらためて市議選勝利のために頑張る決意を話させていただきました。

P1000236.jpg

この間の安倍政権のやりかたは国民の反対が多数の政策を、強行に、マスコミも抱き込んで、国民を欺いて行われており、こうした実態を、自民党への対抗軸を模索している無党派の人たちにも、これまでアプローチできていなかった層にまで知らせていくことが大切だと考えています。
地域に根ざした共産党でこそできる要求実現の活動と両輪で仲間をふやし、支持を広げる活動に、いっそう頑張っていきたい。
最後に、今日は9月27日は横浜緑区にファントムが墜落し2人のお子さんが亡くなり、お母さんも大やけどを負い、苦しみながらなくなっていった事故があった日です。このとき私は高校を卒業したときで、被害者を助けない自衛隊に衝撃をうけ、私の活動家へのきっかけの1つとなりました。抑止力のための米軍基地というごまかしもこの事件をみれば明らかであり、戦争か平和かの岐路にこの事故のことも思いを起こし、頑張っていきましょう、と話しました。

posted by 明石ゆきお at 01:13 | Comment(0) | 活動日記

2014年09月25日

『こんにちは明石ゆきお』をアップします。横浜市議会古谷やすひこ議員が市長提案および請願不採択に対する反対討論を行い、子ども・子育て支援新制度来春より保育水準、引き上げよと主張しました。

横浜市議会は18日、市長提案の49議案および請願6件に対する採決が行われました。
採決に先立って古谷やすひこ議員が日本共産党を代表して、市役所の位置を変更する条例改正案、子ども・子育て支援新制度に関する6議案、消費税増税撤回を求める請願の不採択について、反対の討論を行いました。
討論のなかで、古谷議員は、来春よりの子ども・子育て支援新制度で保育水準、引き上げよと主張しました。

明石0924.jpg



2014年09月22日

『こんにちは明石ゆきお』をアップします。横浜市議会で荒木議員が先月末広島で起きた集中豪雨による大規模な土砂災害についても触れ、横浜市の崖崩れ対策について質問しました。

遅くなりましたが『こんにちは明石ゆきお』9月17日号をアップします。
横浜市議会で荒木議員が先月末広島で起きた集中豪雨による大規模な土砂災害についても触れ、横浜市の崖崩れ対策について質問しました。横浜市は、崖の安全崖地防災対策に15億円しか見込んでおらず、「災害対策費はあまりにも貧弱」と指摘。崖パトロールの目標値と予算を引き上げるとともに、「防災無線の設置、危険な崖地付近の移転費用の補てんなどの土砂災害対策を速やかに講じるべき」として、市長の決意を促しました。

こんにちは明石0917.jpg

先日記事でも書いたとおり、金沢区の崖崩れ対策も待ったなしです。区政推進課にも通い、改善のために努力していきたいと思います。

2014年09月21日

金沢八景駅前整備事業について現地開発事務所に申し入れ(詳報)

先日申し入れの状況について簡単に報告しましたが、関心が高いテーマなので詳しい内容を紹介します。

 金沢八景駅周辺では、東口で区画整理事業により、1街区ではパチンコ店ビルがオープンしており、2街区では不動産業者のチラシも入り始めていますが、10階建て30mの大型マンション建設が始まるなど、駅前の様相が一変してきています。また、西側では公園計画が検討されています。
「歴史と文化を守り」「市民参加の街づくり」を目指し、日本共産党金沢区委員会は9月10日、昨年の要求に加え、周辺環境問題を入れて、「金沢八景駅周辺街づくり」についての再要請書を金沢八景駅東口開発事務所で横浜市に提出しました。
 最初に所長より開発事業の進行状況を聞き、参加者が個別内容を要請しました。
 横浜市は「八景駅東口開発は区画整理事業なので、地権者がまちづくりガイドラインに沿って行うこと」という姿勢で「市民参加の街づくり」という受け止めはありませんでした。また、「都市整備局で所管していない事業(公園と新交通関連)については、担当部局から後日文書回答します。」とのことでしたが、いくつか様子が分かりました。

八景駅前計画.jpg

@八景西公園(仮称)については、基本設計を進めている。
A新交通の延伸関連事業では、資材の高騰などが理由で、この間、2回の入札で応募者がなかった。
B「歴史と景観を守る」点では、商店の一部で壁に縦格子を組み込んでいるケースがある。
C京急の新駅舎では、エレベーター、エス カレーター、トイレは設置される。 京急は駅ビルを3街区に建設する。
D2街区の800uの市有地活用については、「他からも要望が出ているので、検討している」とのことですが、市が現在、区民の活用できる施設をつくる考えを持っていないことから、要求運動が重要です。
Eパチンコ店の地下に出来た駐輪場の改善(傾斜がきつすぎる)については、「ベルトコンベヤーの導入も考えられるが、民間施設なので要請するしかない」と回答があり、市で設置できるよう努力して欲しいと要望しました。
F近隣住民から要望として出されていた瀬戸神社前と八景ビルの間・国道16号(現在歩道橋があるところ)に 横断歩道が設置されることが提示されました。

 八景駅西側に円通寺客殿を残した公園を整備する一方で、駅東側では30mもの大型マンションや17mもの新交通駅舎が整備されるなど、問題の多い開発ですが、日本共産党は地域の方々と力を合わせ、少しでも「歴史と景観を守る」「市民参加の街づくり」という方向が取り入れられるよう引き続き要請行動を行っていきます。

posted by 明石ゆきお at 20:03 | Comment(0) | 活動日記