2014年07月22日

週間ニュース『こんにちは明石ゆきおです』をアップします 予算要望に向けて市政懇談会を開催しました

週間ニュース『こんにちは明石ゆきおです』を発行していきます。
ブログにもアップしていきますのでよろしくお願いします。
今週号では先日市議団が行った市政懇談会の内容です。

明石0723.pdf

市政アンケートにもとづいて、市民要求の現地調査を行っていますが、道路の改善要求は多く寄せられています。
前回書いたように、なかには4年前のアンケートのときから工事が中断されたままになっているところがあり、アンケートでも指摘されていました。
市政懇談会では、年間500億円あまりの道路整備費のうち、年々一般道路分が減り、高速道路分が増加しているという問題が明らかになりました。
この問題は生活道路で改善すべき箇所が多いだけに重大な問題だと思います。この面でも市政をかえていくことが必要だと訴えていきたいと思っています。

2014年07月20日

市議団が実施した市民アンケートの回答に基づき、現地調査を実施しています

日本共産党横浜市議団が実施した市民アンケートに金沢区民から600を越える回答をいただきました。今日はそのなかから道路改善などの要求について、地元の支部の皆さんと現地調査を行いました。
歩道が狭くて危険、とか学校の前の道の交通量が多く、信号が必要、など安全な通行を求める要求が多く、現場で一つ一つ確認し、連絡先が書かれている場合には直接話を聞いたりしていきます。
何箇所かで、道路改善工事が途中で中断されているところがあり、それがアンケートに取り上げられていました。

2014-07-19 09.49.55.jpg

この川沿いの道は4年前のアンケートのときにも同じような状態でした。なぜ工事が中断されているのか確認することにしました。

2014-07-19 11.25.14.jpg

この道も急カーブの改善のためと思われますが、やはり中断しています。
横浜市の道路予算は高速道路が優先され、一般道路の改善などの予算が圧縮されています。急斜面や狭隘道路など、改善が必要な場所が多いことはすこし歩けばわかります。
必要な改善にちゃんと取り組ませる活動が、安全な生活のためにも必要だと痛感しました。

posted by 明石ゆきお at 00:02 | Comment(0) | 活動日記

2014年07月18日

横浜市に、小柴貯油施設跡地公園の計画に対する申し入れを行いました。

小柴貯油施設跡地に横浜市が計画している公園整備計画にたいして、市民の意見をふまえた申し入れを行いました。

DSCF2975.jpg

申し入れ事項は、次の通りです。
1.豊かな自然を極力残した利用計画を策定すること。
2.戦前の海軍施設、1981年のジェット燃料の爆発事故、長年の返還運動など、歴史的な経緯がわかるような展示を管理棟などを利用して行うこと。
3.各段階で住民の意見をよく聞き、住民の意見を生かした利用を実現すること。
4.このほか、日本共産党金沢区委員会が住民から受けた要望を基に、以下のことを要請します。
○自然、緑を残し、生かす観点から駐車場は最小限の規模にすること
○利用の便のため、金沢文庫〜柴町、新杉田〜並木などのバスを増便すること
○出入り口をつくる際には付近の住民との協議を行うこと
○公園内での電力の自給をめざすなど、自然エネルギー活用を重視すること


市の環境保全局のかたとの対話では、内容はおおむね市の計画と一致している。歴史的経緯の展示は今後の検討項目とする、ということが言われました。
今後も段階ごとに市民の意見を聞いていくと言うことでしたので、引き続き住民の声を聞く活動をしていきたいと思います。

posted by 明石ゆきお at 14:31 | Comment(0) | 活動日記

2014年07月07日

横浜南部民商の総会でした。民商を”卒業”し、なんとしても議員になって相談役になれるようにがんばる、と挨拶させていただきました

7年間お世話になり、いろいろ学ばせていただいた、民商を”卒業”しました。
横浜南部民商の総会で副会長退任の挨拶をさせていただきました。

photo9s.jpg

自営業として商売に滑り出せたのは民商のおかげでした。
役員になり、班会をやって、昔からの自営業者の苦労、自営業者の砦となってきた民商の役割について学んできました。
また、税務署、銀行、区役所などとの交渉では、民商の道理をつくした指摘に、税務方針に反する職員のあり方を正すこともあり、民商の活動に誇りを持つと同時に、この地に大きな民商を作っていくことの大切さを痛感してきました。

地域で平和や原発ゼロの運動をいろいろな団体と共闘してやってきて、自営業者にとって地域がまるごと豊かになることが自らの要求であるとともに、地域を変えるために、政治家を出していくことが必要だと考えるようになりました。

今、自営業者のためにも、高齢者のためにも、お母さんのためにも、子どものためにもどうしても市議会議員を出さなければと思い、自ら候補者になることを決意しました。
民商を卒業するのは残念なことですが、同じ地域で頑張っていきますのでよろしくお願いします。

posted by 明石ゆきお at 16:50 | Comment(0) | 活動日記

2014年07月06日

六浦駅近くの地下室マンション建設予定地、池子米軍住宅横浜市側予定地を見てきました

今日は六浦地区センターで呉東弁護士による『池子の森』に必要なのか米軍住宅 横須賀原子力空母の危険性について の学習会に参加し、終了後参加者の希望者で地下室マンション建設予定地と、米軍住宅建設予定地を見に行きました。

地下室マンションは急傾斜地に盛り土をして建設をしようとしていて、安全性、豊かな自然を破壊するものということから地元住民が長年反対運動をしてきたところです。
今日行ってみると、すでに着工され、木の伐採が始まっていました。

2014-07-05 15.06.34.jpg

急峻ながけに驚きます。参加者がみな「よくこんなところを開発をするものだ」と異口同音に言っていました。
今回、別の角度からも入ることができました。

2014-07-05 15.16.49.jpg

市は基準を満たしているとして建設許可を出したわけですが、地元の方に、市から職員は見に来ているのですか、とたずねると、担当者は来たことがある、担当者はこのような場所を開発することの危険性、自然破壊ということを理解するが、うえのほうから圧力がかかるのでは、と言っていました。

少し離れた場所に最近の大雨でがけ崩れがあった場所を見せてくれました。

2014-07-05 15.57.22.jpg

この場所の地層より、建設予定地のほうが崩れやすいのだと言われました。
最近の雨の降り方も激しくなっているだけに、心配になります。
現地に入ってみると、マンションが作られなければ、こんもりとして本当にいい場所なのにという住民の思いがよく理解できます。
横浜市は緑税もとっているのだからこのような開発にたいしても、基準を満たすかどうかだけでなく自然保存の立場からも判断すべきではないかと思いました。
また基準を満たすからといって安全が保障されるわけでないということも考えておく必要があります。
どなたかが、地元市会議員にもよく見てほしいと言っておられました。議席をもつことの重みを感じます。

同じ盛り土をすることで危険性も指摘されている、米軍住宅予定地も見に行きました。

2014-07-05 16.08.20.jpg

この六浦駅前どおりまで続く道の交通量が増えることが心配されています。
住宅ができると入り口になるという場所まで行きました。

2014-07-05 16.13.43.jpg

宅地開発が進んだ横浜市で残された貴重な緑です。米軍住宅の必要性にも疑問がだされているのに、この山を崩して谷間を埋め、デラックスな米軍住宅を作っていくことは、本当に許しがたいことだという思いを強くしました。

posted by 明石ゆきお at 01:01 | Comment(0) | 活動日記